HOME > 症状別治療

症状別治療

  • 腰の痛み
  • 首の痛み
  • 肩の痛み
  • 肘の痛み
  • 膝の痛み
  • 手の痛み
  • 外傷

腰の症状について

背中や腰が重く痛い、ぎっくり腰、お尻から足にかけて痛みやしびれ等の症状のある方

ぎっくり腰
ぎっくり腰のイメージ
原因

重い物を持ち上げた時に起こるイメージが強いですが、実際は顔を洗う際や物を取るなどで状態を前かがみにした時や、座りっぱなしや立ちっぱなしなどの同じ姿勢が長時間続いた時に発生しやすいです。慢性的な疲労の蓄積にプラスアルファの要因が重なった時に起こります。
日頃からの疲れが一番の原因と言えます。

治療法

かなり痛みの強い時は比較的痛くない方を下にして横向きに膝を抱えるぐらい曲げて寝た状態、または上向きで膝を立てるようにして寝る(膝の下に大きめなクッションなどを入れると楽です)と痛みが軽くなります。
基本的には安静にすることが大事です、我慢することは悪化の原因となりますので早めの治療をお勧めします。

腰椎分離すべり症/変性腰椎すべり症
原因

背骨は背中側にある突起(ゴジラの背びれみたいなものです)が上下で重なりあっていますが、この部分がスポーツなど激しい運動によって負担がかかると離れてしまいます。(これが分離症です)
分離すると背骨のつながりは間にある椎間板だけになり、この部分に負担がかかると椎間板も離れて背骨がずれてしまいます、これを分離すべり症と言います。年齢を重ねると日常の負担だけで椎間板が悪くなり分離がなくともすべってしまいます。これを変性腰椎すべり症と言います。

治療法

分離やすべりがあることにより腰や脚の筋肉やじん帯、神経に影響を与え症状が出るので日頃からストレッチや背伸びなどをして背中や腰回りの筋肉の伸び縮みをさせておくとよいです。当院では検査の上、筋肉に対してバランスを取り、痛みや神経症状は電気療法にて改善させていきます。

坐骨神経痛
原因

慢性的な腰の痛み、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症などさまざまな疾患でみられる神経症状です。
基本的には腰骨から伸びている坐骨神経にたいして圧迫や締め付けなど負担がかかっていると感じるもので、症状としてはしびれ、痛み、感覚の異常、動きが鈍い等さまざまなものが出現します。
腰部が原因となりますが、症状の出る部分は腰に限らずお尻やふくらはぎ、足先など腰から下の部分に見られます。

治療法

就寝時は横向きに寝て、股関節と膝をなるべく曲げると神経の通りが楽になりやすいです。(座る形で横になる感じ)
普段は腰を冷やさないようにカイロなどで良く温めたりするのも有効です。
神経症状は治りづらいので早めに当院での治療をお勧めします。

首の症状について

首の症状についてのイメージ

朝起きたら首が回らない、首すじが痛い、首が凝る、などの症状がある方

原因

家事やパソコン作業(デスクワーク)等で長時間同じ姿勢が続けば筋肉が緊張して疲労が蓄積し、目の疲れ、精神的ストレス、血液循環の悪化などから、「痛み」や「コリ」となって現れます。重い頭を支えているのが首であり、前かがみの姿勢や目線が下がっている時は常に首に負担がかかります。

治療法

一般的に肩をすくめたり首を回したり、腕をまっすぐに伸ばすことなどが有効的ですが、なるべく、ゆっくりと肩まわりの筋肉を引き伸ばしていく感じで運動してください。仕事の休憩時間や、時間がある合間に、こまめな運動をすることが一番の予防ですよ。改善が見られない時は定期的な治療が必要となります。まずはご相談か、ご来院下さい。

むちうち
原因

追突事故(交通事故)などの衝撃で首の骨である頚椎(ケイツイ)が過屈曲後、過伸展する「ムチ」のような運動により発生する頚椎捻挫(ケイツイネンザ)の総称のことをいいます。

治療法

軽いものから重篤な症状につながるものなので放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障もきたしますので自己判断は禁物です。交通事故に遭われた場合、事故の大小に限らず症状が出現することが多いので、何かしら強い衝撃を首に受けた際には、すぐに当院までご連絡ください。

寝違い
原因

「寝違い」とは朝起きたら何か首が痛い、首が回らないといった症状ですが、「日常的な首の疲労」が原因でもあります。
前日の睡眠中に不自然な姿勢をとっていたり、運動不足で首の筋肉を鍛えておかないと起きやすい症状です。

治療法

首の筋肉が炎症している状態ですのであまり動かさずに、安静にされてください。
患部を揉んだりストレッチをする方が多く見られますが、ひどい場合は炎症を起こしていることもあり、さらに炎症を悪化させることがありますので、寝違えて首が痛い、動かないといった場合は、首を安静にし、できるだけすぐに当院までご相談ください。

肩の症状について

肩の症状についてのイメージ

腕が挙がらない、肩の凝り・痛み、腕にだるさやシビレがでたなどの症状がある方

原因

パソコンでの作業、長時間の運転、家事など、長時間の同じ姿勢が続く仕事など様々なことが原因です。(※場合によっては、病気が原因の場合もありますのでご注意を)
上記のような状態が続けば、筋肉が緊張して疲労し、「血行不良」となり、結果、乳酸という疲労性物質がたまります。これが一般的に「肩コリ(肩こり)」です。

治療法

一般的に肩をすくめたり首を回したり、腕をまっすぐに伸ばすことなどが有効的ですが、なるべく、ゆっくりと肩まわりの筋肉を引き伸ばしていく感じで運動してください。仕事の休憩時間や、時間がある合間に、こまめな運動をすることが一番の予防ですよ。改善が見られない時は定期的な治療が必要となります。まずはご相談か、ご来院下さい。

四十肩・五十肩
原因

「急にあるとき肩が痛くなり、肩を挙げることもできなくなる」これを一般的に四十肩や、五十肩と呼び、現在は肩関節周囲炎というものに含まれます。
このような症状は、以前は40~50代に多く見られました症状ですが近年では若い人に発症することも珍しくありません。腕の重さを長時間支えることで、慢性的な疲労やストレスを受け、構造的にも腕を支える筋肉は痛めやすい場所にあるので、「急にあるとき肩が痛くなり、肩を挙げることもできなくなる」ケースが多いのです。

治療法

まず、日常的に物を持ったりせず、出来るだけ腕にかかる負担をなくすようにして下さい。三角巾などで腕を吊るのも有効的です。
特に四十肩、五十肩は、肩甲骨回りの筋肉が炎症を起こし、そのままほうっておくと、長い場合1年以上も症状が続くことがありますのでご注意ください。早めの治療が重要です、あわせて痛めた部分に負担のかからないような運動も必要となります。まずはご相談か、ご来院下さい。

腱板損傷
原因

肩関節は、主に腕の骨(上腕骨)と肩の骨(肩甲骨)により出来ています。そして、その関節を支えて安定させているのが「回旋腱板とよばれる四つの筋肉(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)」です。
原因として、スポーツなどで肩を使い過ぎると腱板が摩擦をうけて痛めたり、年齢を重ねにつれ腱自体が弱くなり、日常的な動作でも痛めます。また転倒して肩をぶつけたり、通勤電車などで吊革につかまっていると電車がゆれて急にがくっとなった時などに腱板が骨に挟まれた状態になり、痛めることもあります。そして場合によっては腱板の断裂を起こすこともありますので、十分にご注意ください。

治療法

損傷の程度によっては治療に時間がかかりますので早期治療をお勧め致します。治療法としては、テーピング固定・補強によって患部の保護や症状の軽減させたり、微弱電流により治癒促進します。周囲炎と同様に重い物を持ったり、無理に使い続けたりせずに安静にすることが一番大切です。まずはご相談か、ご来院下さい。

肘の症状について

スポーツ等で肘が痛くなった、物を持つと肘が痛い等の症状のある方

上腕骨外側上顆炎、テニス肘(バックハンド)、ゴルフ肘
上腕骨外側上顆炎、テニス肘(バックハンド)、ゴルフ肘のイメージ
原因

スポーツや日常生活において手首を甲側に曲げる(背屈)動作や親指側に曲げる動作を繰り返していると筋肉の付着部である肘の外側にストレスが溜まり、炎症をともなう痛みが現れます。
医学的には上腕骨外側上顆炎といいますが、一般的にはテニスのバックハンド打ちで右肘を痛めることが知られており、テニスエルボーと呼ばれています。ゴルフではショットの時、左手首が外側に返る打ち方をしていると起こりやすく、ゴルフエルボーと呼ばれています。

治療法

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。
当院では患部に関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っています。またテーピングで患部の負担を改善させたりもしますので、練習を休めない、動かしたいなどの場合にも対応しています。

上腕骨内上顆炎、野球肘、テニス肘(フォアハンド)
原因

外側上顆炎と逆の動き、手首を手のひら側に曲げる(掌屈)動作や小指側に曲げる動作を繰り返していると筋肉の付着部である肘の内側にストレスを受けて痛みと炎症が現れるものを内側上顆炎といいます。
野球の投球動作による野球肘が良く知られていますが、テニスのフォアハンドでも内側に起きることがあります。

治療法

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。
当院では患部に関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っています。またテーピングで患部の負担を改善させたりもしますので、練習を休めない、動かしたいなどの場合にも対応しています。

膝の症状について

曲がらない、歩くと痛い等の症状のある方

膝の外傷
膝の外傷のイメージ
原因

じん帯損傷、半月板損傷、軟骨損傷、骨折など膝は多くのケガが起きやすい部分です。
膝は立っている状態でも体重の負荷をほとんど受け、歩く時で体重の3倍、階段の昇り降りで4~5倍、走れば7倍にもなり、スポーツなどではプラス捻じれなどの力が働くので膝を支えるじん帯や骨、膝の中にある半月板や軟骨などが損傷を起こしやすいと言えます。

治療法

膝に負担をかけないようにすることが第一です。安静状態を保ち、早めに来院して検査をしましょう。
当院では程度によりますがテーピング等での患部の保護やシーネと呼ばれる支えを作り固定をした上でマイクロカレントで治癒促進の治療、治癒後のリハビリまで行います。

変形性膝関節症
原因

膝は日常生活において必ず使う部分であり、毎日負担を受けている消耗部分です。
しかし関節の表面にある軟骨や半月板には神経がないため、多少のキズには気づかずに使い続け徐々に削れたり、形が変化していきます。
つまり症状が出るのは個人差はありますが、かなり変形が進んでからなのです(スポーツ等で激しい負担があればなおさらです)。
膝痛、関節のグラグラ感、曲げ伸ばしが悪くなるなどの症状が見られます。

治療法

整形外科で診てもらうと「治らないよ」と簡単に言われることがあると思います。
確かに変形が治る訳ではないのですが、理解していただきたいのは変形=痛みではないと言うことです。患者さんと話をしていますと「今日は調子が良い」、「今朝は大丈夫だった」このような言葉を良く聞きます。確かに変形は痛みの原因ではありますが変形があっても調子が良い時はあるのです。
しっかりとした治療をしていけば良い状態が少しずつ長くなり、結果として日常的に痛みのない生活に変えていけるということなのです。
当院では痛みを軽減させる治療はもちろんですが痛みの出にくい状態にするため、膝回りの筋力強化と手技による筋バランスを整える治療をしています。

手の症状について

物を持ったり握ったりすると痛い、指をぶつけて腫れた等の症状のある方

腱鞘炎
腱鞘炎のイメージ
原因

日頃から手を使いすぎることにより指の腱を抑えている鞘(さや)である腱鞘とよばれる部分が摩擦により炎症を起こすものを「腱鞘炎」と言います。
指先の細かい仕事やキーボードの操作などで指を動かした時に痛みや動きづらさを感じます。
ひどくなると指を曲げると伸びなくなり、無理やり伸ばすと急に跳ね上がるように伸びる「ばね指」になってしいます。
親指で起こるものを「ドゥケルバン病」といい、親指を入れて握りこぶしをつくると親指に痛みが走ります。

治療法

基本的に安静を保つのが一番です、出来る範囲で構わないので手を休ませて下さい。
熱っぽい時は氷のうや保冷材などで患部を冷やして下さい、湿布と併用すると効果的です。
当院では微弱電流(マイクロカレント)により患部の炎症を抑え治癒を促進させます。
必要に応じて固定やテーピングも行います。

つき指
原因

物を取ろうと手を伸ばして指先をぶつけたり、野球等のスポーツで指にボールが当たったりして損傷したものです。
良く指を引っ張って治そうとする方がいますが、絶対にいけません!!傷ついた部位をさらに痛めるだけです。
また内出血しているようならばじん帯などが切れてしまっていたり、剥離骨折をしている場合があるのでみた目がひどくなくとも必ずご来院ください。(指の変形などの危険があります)
指先が下を向いてしまう場合はマレットフィンガーという指先の腱や骨折が考えられますので注意してください。

治療法

熱感、腫れ、内出血などがありましたらなるべく患部を高くしてよく冷やして下さい。
動かさずに安静状態を保ち、当院にご来院下さい。
患部を固定やテーピングに加え、治癒促進のためにマイクロカレントによる治療を行います。
指輪をしている方は腫れがひどくなる前に必ずはずして下さい!抜けなくなるなり、血管を締め付けて指先が壊死する危険があります。

外傷について

骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷等のケガをした、また治りが悪い方

RICE処置
RICE処置のイメージ

顔を洗う際や物を取るなどで状態を前かがみにした時や、座りっぱなしや立ちっぱなしなどの同じ姿勢が長時間続いた時に発生しやすいです。慢性的な疲労の蓄積にプラスアルファの要因が重なった時に起こります。
日頃からの疲れが一番の原因と言えます。

RICE Rest(安静) Icing(冷却) Compression(圧迫) Elevation(挙上)
  • Resting(安静): 損傷部位を安静にし、患部を保護。
  • Icing(冷却): 患部を局所的に冷やすことで、神経の興奮を抑え、痛みを軽減させる。
  • Compression(圧迫): 外傷後の患部の腫れを最小限に抑えるために弾力包帯等で圧迫する。
    強く巻き過ぎて神経・血管を圧迫しないよう皮膚の色や感覚などを確認する事。
  • Elevation(挙上): 患部を心臓より高く挙げる(腫れを抑える効果)
ケガの治療は最初が肝心

腕をガツンとぶつけた、足をグリッと捻ったなど身体を痛めた時、少し様子を見ようと思ったことはありませんか?ちょっとしたら治るだろう…。大げさに騒ぐのはみっともないし…などと考えて1週間してもよくならない、どんどん悪くなってやっと治療に行くなんて方はいらっしゃると思います。
ケガをした部分は受傷直後から修復の準備が始まり、最初の1~2週間がもっとも治癒が進みやすいのです。このときしっかりとした治療をすれば早く治りやすく、無理をすれば一番治りやすい時期を逃し、後遺症が残る可能性が高くなってしまうのです。
ケガをしたらとにかくすぐに治療を受ける。これが肝心です。

骨折
原因

からだを支える大事な役目をしているのが骨です。
その骨の強度以上の力が加わった時に耐え切れずに折れてしまうのが一般的にイメージされる骨折ですが、それ以外にも筋肉やじん帯が張り付いている部分がはがれる剥離骨折やヒビが入る亀裂骨折(ヒビ割れと骨折は基本的には同じずれ見た目にはっきりわかるものや、一見判断の難しいものもありますので異常を感じたら来院して検査をすることをお勧めします。

治療法

基本的には折れた部分を安定させるため、ギプスなどで固定をします。
曲がっている場合は整復といって元の位置に戻す処置を行います。
折れた部分がくっつけば固定は外れますが、リハビリによって固まった関節や衰えた筋肉を戻さなければいけません。
当院では整復から固定、その後のリハビリまで一貫して行いますので安心してご来院下さい。

捻挫
原因

捻挫(ねんざ)とはじん帯の損傷のことであり、じん帯は関節を安定させるもので関節を運動させると負担がかかるため傷ついた状態だと痛みを感じます。
完全にじん帯が切れるとじん帯断裂となり、関節がグラグラになってしまいます。

治療法

RICE処置を行い早めにご来院下さい。受傷後すぐに治療を開始することが後遺症も少なく、早く治る一番の秘訣です。
動かすとじん帯の傷口が開いてしまい、負担もかかるので治りが悪くなってしまいます。

打撲
打撲のイメージ
原因

からだをぶつける、ものが当たるなどで筋肉の組織を痛め、炎症や内出血などを起こす物を打撲と呼びます。
物がガツン!!と当たるなど強い力がかかると起こるイメージがありますが、弱い力でも繰り返しかかったり、ずっと圧迫されていても打撲になることがあります。高齢の方ですと気付かないぐらいの圧迫などで内出血が起こることがあります。
いつのまにかこんなところにアザが!なんてことがあると思いますが、多くは紫斑病といって皮膚の表面にある毛細血管が弱くなっていることで簡単に傷つきやすい状態になっていることで起こるもので、ほとんど心配ありませんが他の病気の可能性もあるのであまり頻繁にできる時は病院で検査をすることをお勧めします。

治療法

基本はRICE処置となります。
動かすと痛い場合は早めの処置が重要ですが、問題は軽い場合です。
捻挫などでもそうですが、あまり痛みが強くないと大したことはないと無理をしてしまうケースが良くあります。そうするとあとから痛みが強くなったり、なかなか治らずに症状が慢性化してしまうといったことが起きやすいので、軽いからと油断せず早めの治療をお勧めします。

脱臼
原因

関節を支えているじん帯や筋肉に強い力がかかると組織が耐え切れず、伸びたり切れたりしてしまい関節が外れる症状を脱臼といいます。最初は強い力が加わって起こることが多いですが、クセになると普段の何気ない動作でも簡単に外れるようになってしまうケースがあります。

治療法

脱臼と言うと関節が外れたものと軽く考える方も多いでしょうが、脱臼は関節が外れたことよりも、それによりじん帯や筋肉などの組織が傷ついてしまうということの方が重要です。
つまり単純にもとに戻すだけではなく、しっかりとした固定や治療、その後のリハビリが必要となります。
外れた状態ではもちろんですが、外れてからすぐ戻ったような脱臼でも必ず当院にて治療を行うことをお勧めします。

挫傷(肉離れ、腱損傷)
原因

挫傷とは筋肉の組織が裂けたり、傷ついたりした状態の事をいいます。一般的に肉離れと呼ばれるものは筋肉が裂けている挫傷の状態です。筋肉の疲労や張りが強い状態で過剰な運動をしたり、急激な衝撃が加わったりすると起きやすいです。
特に太腿の裏側やふくらはぎに起きやすく、ときにはアキレス腱の断裂なども起こることがあります。

治療法

RICE処置をしてご来院ください。
患部をテーピング固定等で負担を軽減させ、治癒促進の治療を致します。

交通事故治療

テキストサンプル

  • 医院までの道順はコチラ
  • メールでのお問い合わせ