HOME > 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ

まずは警察へ交通事故のに届出のイメージ
1 まずは警察へ交通事故のに届出

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。

相手(加害者)の情報収集のイメージ
2 相手(加害者)の情報収集

相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

病院にて診断を受けるのイメージ
3 病院にて診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
(当院での、診断の場合『交通事故の治療を希望』とお伝えください。)

保険会社へ整骨院・接骨院での治療を希望する旨を伝えるのイメージ
4 保険会社へ整骨院・接骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

  • 医院までの道順はコチラ
  • メールでのお問い合わせ