あきほ整骨院 スタッフBLOG

2016年3月 8日 火曜日

整骨院の本棚から!新型「うつ」原因は首にあった!

以前の大腰筋の話に引き続き、

整骨院の本棚の中から一冊の本を

引っ張り出してブログのネタにするという

題して『整骨院の本棚から』

さてはブログのネタが無くなったな・・・

と思われたあなた。

ズバリ正解です。

というわけで一緒に本のページを

めくって行きましょう。

今回は新型「うつ」原因は首にあった!


東京脳神経センター理事長 松井孝嘉先生著

最近若い人の間でスマートフォン依存が

問題になってます。

電車やバスの中でも、トイレの中でもお風呂の中

時間があってもなくてもスマートフォンを見てる。

それも首の筋肉を緊張させる原因になります。

そして首の緊張が作り出す症状としては

頭が痛い、頭が重い
首が痛い、首が張る
肩が凝る
風邪をひきやすい
ふらっとする。めまいがする。
歩くときや立座りが不安定になる。
吐き気がする。
寝つきが悪い。夜、目が覚める。
血圧が不安定である。
暖かい所や寒い所にいると気分が悪くなる。
汗が出やすい。
心臓がドキドキする。
目が見えにくい。像がぼやける。
目が疲れやすい。眼が痛い。
まぶしい。目を開けていられない。
眼が乾燥する。もしくは涙が出すぎる。
唾液が出すぎる。もしくは出ない。
微熱が出る(27度~28度くらい)
腹痛・便秘などの胃腸障害
すぐに横になりたくなる。
疲れやすい(全身倦怠感)
何もする気が起きない。※
天気の悪い日かその前日の体調が悪い。
気分が落ち込む。気が滅入る。※
集中力が低下する。※
わけもなく不安感に襲われる。※
イライラして焦燥感がある。※
根気がなく、仕事や勉強が手につかない。※
手足が冷える。頭がのぼせる。手足がしびれる。
胸部が痛い、胸部圧迫感がある。


というありとあらゆる症状が出現するそうで

その中でも※マークの付いた症状が出たら

頸性うつの恐れがあるということなのです。

でも改めて症状の一覧を見てみたら

整骨院に来院される患者さんの訴えに

関連することが多いことにまず驚きます。

この頚性うつの原因になる『首こり』はなぜ起こるのか?

原因がわかれば予防することが出来ますからね~。

うつむいた前傾姿勢での作業を続ける。
首を冷やす。
緊張状態が長く続く。
肉体的、精神的疲労が蓄積される。
頭や首に外傷を受ける。
同じ姿勢を長時間持続する。


これらの生活習慣が『首コリ』の原因になり

様々な不定愁訴の引き金になってしまっているのです。

どうですか~。みなさん心当たりはありませんか?

体調管理にはそれぞれの生活習慣の改善と

あきほ整骨院での頸椎治療でしっかりと首コリケアを

していきましょう。

頚性うつの詳細を知りたい方は是非本を読まれてください。




投稿者 あきほ整骨院

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 医院までの道順はコチラ
  • メールでのお問い合わせ