あきほ整骨院 スタッフBLOG

2011年12月24日 土曜日

ジングルベール、ジングルベール

ソフトバンクホークスの先発ピチャーの

大量流失でショックを隠せないまま

時は流れて今日は

きっと君は来〜ない。

一人きりのクリスマスイブ

ではないですか。



ところで毎年クリスマスイブに

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が

サンタクロースを追跡調査しているのを

ご存知ですか?

『サンタを追跡する理由』

NORAD とその前身である CONAD(中央防衛航空軍基地)は、50 年以上にわたりサンタの飛行を追跡してきました。

この恒例行事は、1955 年にコロラド スプリングスに拠点を置くシアーズ ローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD の司令長官のホットラインの番号だったのです。子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして、電話を掛けてきた子供たちにサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。

1958 年、カナダと米国の両政府は「北米航空宇宙防衛司令部(通称 NORAD)」として知られる両国が共同運営する北米防空組織を創設しました。そしてそれが、サンタの追跡という伝統も引き継いだというわけです。

それ以来、NORAD の職員とその家族や友人の献身的なボランティアによって、世界中の子供たちからの電話やメールへの対応が続けられています。また、現在ではサンタの追跡にインターネットも利用しています。サンタの現在地を調べようと「NORAD サンタ追跡」ウェブサイトにアクセスする人の数は、何百万人にものぼります。

そして今では、世界中のメディアもサンタの飛行経路に関する信頼できる情報源として NORAD の情報を採用しています。


なんとおおらかな話ではありませんか。

国のトップが亡くなったからと言って

ミサイルを発射する国とは器が違います。

今宵はご家族や恋人と一緒に

サンタさんを追跡してみませんか?

サンタを追跡(ここをクリックしてみてね)

























投稿者 あきほ整骨院

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • 医院までの道順はコチラ
  • メールでのお問い合わせ